日本酒「わかむすめ」

日本酒は搾った後、ろ過、加水、ブレンド、火入れと様々な工程を経て出荷されますが、「わかむすめ」は、搾ったそのままをお届けしています。

火入れ商品は搾った直後に瓶詰めしたものを、「瓶燗火入れ」という方法で火入れを1回ほど行っています。手間暇はかかりますが、火入れによる劣化を最小限に止め、搾り立てのフレッシュな風味をお楽しみいただけるようにしています。

 私たちの酒造りの臨場感を、お客様それぞれの感性で、感じていただきたいと願っています。米の味わい深さを日本酒で表現し、飲むと食事がより美味しく、そして食事をするとまた飲みたくなる、そんな美酒を目指して醸しています。