私たちの酒造り

【四季醸造蔵へ】

 新谷酒造の酒造りは、地元酒蔵の蔵人として働いていた初代、新谷熊吉が独立し、造りを止めていた蔵を買い取り始まりました。

 昭和2年に創業し、二代目新谷末彦が引き継ぐと「和可娘(わかむすめ)」の名で長く地元でご愛顧頂きました。

 そして平成になり跡継ぎのなかった蔵を、孫である新谷義直が三代目として引き継ぎました。しかし、これまで長きにわたり新谷酒造の酒造りを支えてくださっていた杜氏が高齢のため引退し、廃業の危機に立たされます。

 平成19年、ひとりでも造り続ける決意をし、一年中仕込みが可能な四季醸造蔵へと改装しました。しかし造りに関しては素人同然で、苦難の船出でした。それでも毎月、毎月酒造りと向き合うことで、自身の酒造りのスタイルを確立していきました。

 そしてあっという間に10年が経ったのですが、四季醸造蔵へと改修した蔵の梁が損傷。移設を余儀なくされ、またしても廃業の危機にさらされましたが、私たちは歩みを止めることなく、ここで造り続ける道を選びました。

 平成30年12月、新蔵完成。新たなスタートです。

 昭和2年に創業してから今日まで、時代の変遷とともに様々なことがありましたが、手作業というクラシカルな酒造りを守り続けています。

 その工程は秒単位で時間管理する洗米や0.1℃単位で調整する温度管理など、一つひとつが緻密で繊細な作業の積み重ねです。

 手間暇はかかりますが、雑味の少ない日本酒本来の清らかで美しい味わいを目指し、少量を、丁寧に、我が子のように手をかけて育てるのが、私たちの酒造りのスタイルです。 

 

山口県初の女性杜氏誕生

 酒蔵へ嫁ぎ、看護師として勤務しながら蔵人として杜氏である夫のサポート役を12間続けて来ました。

 平成27年には酒造りに専念するため、看護師を辞職。夫婦ふたりで新たなチャレンジを始め、平成30年新蔵への移設を決意すると共に、10月に杜氏のバトンを受け継ぎました。その際、自身が杜氏として初めて手掛けた酒を「わかむすめBunbun(ぶんぶん)」として発売。予約で完売した際には大変うれしく思いましたが、これからの重責を担って行くのだと、心が震えました。

 酒造りは子育てと同じで、手を抜けばすぐに自身に返って来る。手をかけて大事に育ててやればとちゃんと応えてくれる。だからと言って手を掛けすぎてはいけないこともある。全ては愛おしい我が子のようです。